薬剤師のパワハラ上司を辞めさせたいですが、どうしたらいい?

薬剤師の求人、転職、派遣など、薬剤師の求人情報サイト

薬剤師求人キャリア

ブラック薬局 - 薬剤師求人キャリアコラム -

薬剤師のパワハラ上司を辞めさせたいですが、どうしたらいい?

パワハラに対する対応法

先日知り合った薬剤師の方から、「職場で上司によるパワハラが日常化しています。この上司を辞めさせるにはどうすればいいですか?」という相談を受けました。

薬剤師の転職理由を調査したデータでも、人間関係の問題はかなりの部分を占めていますし、実際、私の元に転職の相談に訪れる薬剤師の方の多くが、人間関係に悩んだ末に転職という結論に至ったと仰います。

harassment 1

今回のコラムでは、職場でのパワハラへの対処法についてお話していきたいと思いますが、人間関係に悩みを抱えているすべての人が参考に出来る内容となっておりますので、是非、最後まで読んでみてください。

パワハラの定義とは

平成24年1月30日、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」によると、職場のパワーハラスメント(パワハラ)とは、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。」と定義されています。


職場のパワーハラスメントは、上司から部下への行為に限ったものではなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。そのため、上記の「職場内の優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識など様々な「優位性」も含まれています。

また、職場のパワーハラスメントとしては、あくまで、「業務の適正な範囲」を超えるものが対象になります。受け止め方によっては不満を感じたりする指示や注意・指導があったとしても、これらが「業務の適正な範囲」で行われている場合には、パワーハラスメントには当たりません。

職場のパワーハラスメントは、典型的には以下の6つに類型化できます。
(但し、以下の6つ以外の行為は問題ないということではありません)

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外れ・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

因みに、パワーハラスメントは、最近話題になっている学校でのイジメと同じで、パワーハラスメント自体ではなく、その具体的な行為が「刑法」に抵触する場合に、その行為が犯罪(強要罪、侮辱罪、傷害罪、名誉毀損罪など)となります。

仮に、刑事事件として立件出来なかったとしても、刑事と民事は別なので、パワーハラスメント行為によって何らかの被害を受け、それらの因果関係を証明することが出来れば、パワーハラスメントの行為者に対して損害賠償や慰謝料の請求を行うことが出来ます。

また、パワーハラスメント行為を、使用者(経営者等)が認識していたにも関わらず放置していたとすれば、使用者に対しても損害賠償を請求することが出来ます。

crime 2

上司を辞めさせる!?

冒頭の相談に戻ります。
相談内容は、「パワハラ(ここからはパワハラで統一します)を行う上司を辞めさせたい」ということでした。

確かに、相談者にとってみれば、パワハラを行う上司を辞めさせることが、理想の環境を手に入れる為の一番の方法なのかもしれません。
しかし、短絡的に「嫌なものは排除する」といった考え方は、ある意味危険な考え方と捉えることも出来ます。

問題を解決する場合に大切なのは、まず、その原因をしっかりと理解すること。
そして、考えられる限りのあらゆる解決法を見つけ出し、その中から最適な方法を選択し、それを確実に実行することです。

not easy 3

こういったプロセスを経ず、手っ取り早いからと、一番安易な方法を選択する癖が身に付いてしまうと、その時は良くても、いずれまた同じような問題を抱えてしまう可能性が高くなります。

このケースの場合、「上司を辞めさせること」が最適な問題解決法なのか、他に解決法はないのか、あるとしたらどのような方法が良いのか、を以下でお伝えいきたいと思います。

原因を追究する

まず、「何故、その上司はパワハラ行為を行うのか」といった事を冷静に考えてみましょう。

・上司は、いつからパワハラを行うようになったのか
 →具体的に、いつ頃からパワハラを受けるようになったのか

・パワハラ行為を受けているのは自分だけなのか
 →他に受けている人はいないのか、いるとしたらどのような人なのか、
その人もパワハラを受けていると思っているのか

・上司がパワハラを行うようになったきっかけはあったのか
 →何か心当たりはないか、あったとしたら、それは何だったのか

・自分に非はなかったのか
 →パワハラは行為そのものが悪であるのは言うまでもない。
しかし、自分にはまったく非がないと自信を持って言えるのか、
感情的になりすぎているということはないか

・上司は、パワハラ行為をしてまで、貴方にどうしてほしいと思っているのか
 →上司がパワハラ行為をする理由や目的は、納得出来るものなのか

次に、自分や上司だけでなく、周囲の環境を考えてみましょう

・会社の方針や風土に問題はないか
 →社員の評価基準、売り上げや利益至上主義、過度なノルマや勤務体系の強要等、
法令順守の観点から問題はないのか

・貴方以外の社員は、上司のことをどう思っているか
 →上司の行為をパワハラと思っているのか、それとも業務上の指導と思っているのか
  その上司の人間性を、どのように理解しているのか

・経営者はその上司のことをどのように思っているのか
 →上司の行為をパワハラと認識しているにも関わらず放置しているのか、
それとも、その上司がパワハラ行為を行っていることに気付いていないのか
その上司に対する評価はどのようなものなのか

如何でしょうか?
当初抱いていた感情に、何か変化はありましたか?

think 4

それでも、「上司を辞めさせたい」と思うのなら・・・

「上司がパワハラ行為を行う原因や理由や目的は何か」ということを、あらゆる側面から考えた結果として、「それでも上司を辞めさせたい」と思いが変わらない場合、具体的にどのような行動を取るべきかを考えていきたいと思います。

・相談相手や味方を作る(増やす)
 →自分が上司にパワハラ行為を受けていることを知っている人、自分と同じようにパワハラ行為を受けている人、上司に対して良い感情を持っていない人、自分がパワハラ行為を受けていることを証言してくれる人を出来るだけ多く集めましょう。
  自分一人では届かない声も、複数になれば届く可能性は高くなります。
  但し、人選びは慎重に行うこと。自分の味方と思っている人が、実は上司側の人間だったということはよくあります。

・証拠を集める
 →何時、何処で、どのようなパワハラ行為を受けているのかといった証拠(日誌等)を、出来るだけ多く集めることが重要です。
  精神的な被害によって病院に通っている場合には、診断書も準備しておきましょう。
  証拠がなければ、いくら声高に叫んでも相手には届きません。
  
・文句を言うのではなく、提案する
 →いくら味方や証拠を集めたからといっても、いきなり強気な姿勢で真正面から臨むのは、賢い方法とは言えません。必要以上にトラブルを大きくしてしまうと、解決出来る問題も解決出来なくなってしまいます。
  出来るだけ事を荒立てず、穏便に解決する方法を見つけ出す努力をしましょう。
  上司を辞めさせようとするのではなく、どうすればお互いにとって働き易い職場になるか、といった改善策を提案すれば、相手がそれを呑んでくれる可能性もあります。

・パワハラ行為を行っている上司より立場が上の人間(エリアマネージャー、経営者)に、報告する。
→あまり感情的にならず、事実をありのままに報告すること。
 先に上司が根回しを行っている可能性があるが、味方や証拠を基に報告すれば、きちんと話を聞いてもらえるはずです。
 
・配置転換や転勤を申し出る
 →「何で被害者の自分が・・・」と思われるかもしれませんが、問題を解決するには時間が掛かることもありますし、その間に受ける精神的な負担は大きいはずです。
  仕事内容や勤務先の変更を容認出来るのならば、あえて自分から申し出るのも、現状を変える一つの方法に違いはありません。
  精神的に成長出来ると考えて割り切る、といった考え方になれるかがポイントです。

・公的機関に訴える
 →あくまでも、これは最終手段と考えてください。
  上司や経営者と話をしても一向に問題が解決しない場合には、労働局や労基署に訴えて、業務改善の勧告や命令をしてもらうしかありません。
  刑事事件で立件出来ず民事で争う場合には、裁判も行う覚悟が必要になります。
  このような方法で問題を解決することが出来たとしても、そのまま同じ職場で働き続けるのは、現実的に難しいということはお分かりだと思います。

resign 5

一番の解決法はやはり・・・

ここまで、パワハラ行為を行っている上司を辞めさせる方法について述べてきましたが、読んで頂ければ分かるように、これらの方法は、身体的だけでなく精神的にも非常に苦痛を伴う方法であり、実行するには、強い覚悟と努力が必要になります。

実際にパワハラの被害を受けている人にとってみれば、「何で自分がこんなことまで・・・」というのが正直なところではないでしょうか。

しかし、現状のままでは苦痛は増えるばかりです。
自分の周囲の環境を変えなければ、貴方が抱える苦痛を取り除くことは出来ないのです。

納得出来ないところはあると思いますが、やはり、職場を変えることが問題を解決する最善の方法だと割り切ることも必要なのではないでしょうか。

受けた苦痛が大きければ大きいほど、上司を許す気にはなれないと思います。
今の職場は、パワハラ行為以外に問題は無く、給与等の条件も良いのかもしれません。
責任感が強い人ほど、「自分が辞めたら・・・」と、残された人達の事を考えてしまうかもしれません。

でも、今の貴方にとって何より大事なのは、理想の環境を手に入れることのはずです。
貴方が、辛い過去に囚われず、前に進む勇気と覚悟を持つことを願っています。go ahead 6

この記事にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です